小学生が食物連鎖を成功させました

学校の金魚を夏休みの間、家で世話をする人を先生が求めていましたので、私が立候補しました。
水槽ごと家に持ち帰り、大きい水槽と水草と餌を買い、大きい水槽に水道水を入れた後、太陽に24時間当てました。

金魚の飼い方の本を買えば良いのに、あえて私は図鑑で水、魚、水草、糞や微生物等を調べながら飼いました。
太陽の光を24時間浴びた水道水の水槽には、もう殺菌作用の塩素は抜けていると計算しました。

水道水で直ぐに金魚を入れる事によって殺菌作用の塩素で金魚が死滅するのを阻止する方法です。
その後、水草を通常よりも多く入れました。金魚の鰓呼吸によって酸素が二酸化炭素に変わり、水槽内で酸欠になるのを防ぎ、尚且つ根から糞等の栄養を取り入れ、雨水から水を頂く。

水、金魚、水草、太陽の光や雨水等を図鑑の通りに配置しましたら、いつの間にか単細胞生物や多細胞生物(ミジンコ等)が繁殖し、最初の2週間は観測した後の微調整が大変でしたが、その後は観測を行っていましたが何も異常が無いので見るだけでした。

毎日みましたが(3日間は家族旅行で見ていませんでした)何も手を加えず勝手にそれぞれが生活を行っていました。
文学が苦手だったのでデーターとして食物連鎖を残す事は出来ませんでしたが、小学生が食物連鎖を成功させました。

暑い時期にぴったりな遊び方。

“暑い日が続いて外に出るのも嫌になる季節がやってきました。
ただ暑いからといって外に出ないわけにもいかない今日この頃です。
なぜならやんちゃ盛り真っ最中の2歳の息子がいるからです。

暑さなんて気にせず外で遊びたがる息子と一緒にギラギラ太陽のもとに行ってきますと心の中で叫ぶ毎日です。

家の近くに公園を息子がとても気に入っていてよく行くのですが、この時期の難点は遊具がめちゃくちゃ暑くなっていることです。
火傷するのではないか?と心配になってしまいます。
そんな心配してることなら気にせず、遊具で遊ぶ息子を見てさすがだなぁと関心してしまいます。

でも今日は、暑い時にしかできない遊びと思い、息子をつれて水遊びに行きました。
水遊びと言ってもアウトレット内にある地面から噴水のように水が出てくる所に行ってきました。
音楽に合わせて水の出方が変わるのですが、息子は大興奮です。
全身でぶつかっていくので服もびちゃびちゃで、水着持ってくれば良かったかな?と少し後悔したくらいです。
実際に水着で遊んでいる子もいたので、次回来る時は水着着用を心に決めました。

たくさん遊んで大満足した様子で一緒にアウトレット内でおやつを食べて軽くデート気分も味わいつつ帰宅しました。
夜はいつもより早く寝てしまったので1人の時間も楽しめ、私も大満足の1日でした。

家族で行った大阪旅行の思い出話

去年の12月の年越しに、家族みんなで大阪に行ってきました。ずっと行きたかったユニバーサルスタジオジャパンに行きました。
最初は、テレビでの広告で見て、いつも行きたいと思っていました。なのでまさかみんなで行けるとは思いませんでした。
車で行くまでの道のりがとても長くて、約6時間ほどかかりましたが、大阪での観光とユニバーサルを満喫できました。
大阪でもユニバーサルスタジオジャパンでも、とても素敵な家族との思い出が増えて、また行きたいです。大阪の観光で、グリコを見に行きました。
その他に、金閣寺などにもよる機会があったので金閣寺に寄りました。あまりにも輝いてとても感動しました。
最後にみんなでお土産を買いました。それも今ではいい思い出として残っています。

最近の子供の口癖を書きたいと思います。

私の子供は最近よく口にするフレーズがあります。それは、「○○って言ってるでしょ!!」という言葉です。例えば、今日お団子を食べたのですが、一日一本と決めたのにもっと欲しくて団子が欲しい時に、「団子が欲しいって言ってるでしょ!!」と私に言ってくるんです。

私は一日一本だけだよって言ったよね。だからだめだよ。と言ってもいう事を聞かず、同じ言葉を繰り返します。「違うの、団子が欲しいって言ってるでしょ!!」と。半分怒りのマークがついている感じで訴えてきます。私もそんな言葉使ったことないし、旦那さんもそんな言い方をしないので、どこで覚えてきたのかな~と思っているのですが、おそらく幼稚園かな~と思っています。

誰かが話すのを真似しているんだと思います。子供の話し方って、親そのままですよね。だから家庭でどういう感じで話をしているかが子供の言葉からよくわかりますよね。これからは私も言葉遣いに気をつけて行かないといけないな、と思った瞬間でした。

親御さんの中には、「うるせー」とか「てめー」とかを使っている人もいると思うのですが、それがそのまま子供が使っているのを見るとなんだか気の毒に思います。もっときれいな言葉が話せるようになってほしいと思っているので、極力、綺麗で丁寧な言葉の声かけができるように心がけたいと思います。

人を見かけで判断してはいけない

今日はお昼ごはんを作るのが面倒くさかったので、近所のラーメン屋に行ってきました。

そこは平日ランチ時にはドリンクかご飯のサービスが選べるのですが、ご飯を頼む気満々で入りました。

私は食券を買い、奥のテーブル席に座りました。

開店したてだったのでお客さんはまばらなため、すぐにおばちゃんが食券を回収に来てくれました。

そこでおばちゃんが一言「ドリンクサービスです」

あれ?ごはんのサービスはなくなっちゃったのかな?

そう思いながらごはんをお願いすることもできず

「あ…じゃあウーロン茶で」と答えました。

ラーメンが来るのを待っている間、続々とお客さんが入ってきます。

私以外はみんな男性客です。

あとから来たお客さんの対応を何気なく聞いていると

「ドリンクかごはんサービスです」

ん?ごはんサービスあるんじゃん!!

女だから?華奢だから?ごはん頼むわけないと思われたのでしょうか…

ごはんにスープつけて食べるのが楽しみだったのに…

飲み物も来てしまったので今更ごはんに替えるわけにもいかず、かと言って単品で頼む気も起きず、

今日は腹八分目にしておけというお告げなんだと諦めてラーメンをすすりました。

頼んだみそ坦々ラーメンはおいしかったです。が、

人を見た目で判断してはいけませんとまさかラーメン屋で痛感するとは思いませんでした。

やっぱりごはん食べたかった…

共謀罪法案(テロ法案)が参議院本会議で成立したことについて

早朝に共謀罪法案(テロ法案)が参議院本会議で成立したとのニュースがあります。この法案は何かと問題があるようで、一般人にも適用されるのではないかとの心配がありました。その心配を解明されることなく、法案が審議されたようです。

参議院は良識の府ということで、国民が心配していることを徹底的に議論して、問題になっている点を改めてもらいたいと思っていましたが、国会の会期がせまり、委員会に審議もあまりせず、中間報告で本会審議となり成立したのは残念に思います。また、国会の会期を延長してまでも議論してもらいたかったです。

政府与党は前回の安保方案に続いて今回も強行採決をおこないました。国民の生活に影響を与えるかもしれない法案をろくに審議もしないで成立させるのはいかがなものかと思います。本来なら国民の生活に影響するような重要法案は十分時間をかけて審議するべきではないかと思います。時間がないからと言って強行採決すべきものではないと思います。

総理は「適切に運用していきたい」と述べていたとの報道がありますが、適切に運用されるかどうか監視することが重要になってきたのではないかと思いますし、この法律に不備な点があればすぐ修正すべきだし、問題が多ければ廃案にしてもらいたいと思います。

私のやんちゃな家族・シャルについて

私には大事な家族がいます。家族といっても猫族で、4歳のシャルトリューの男の子で、名前はシャルと言います。シャルはとにかくやんちゃで常日頃から遊ぶことしか考えていません。

カーテンを破いたり床にマーキングしたりなど、そのようなやんちゃは一切しないイイ子なのですが、とにかく24時間遊びたい星人(いや、星猫?)なのです。私が料理をしていると「あっそぼうぜー♪」と言わんばかりに背中にダイブしてきます。食事をしている時でも、パソコンをしている時でも、電話している時でも、リビングで昼寝をしている時でも、とにかく遊ぼう遊ぼうと寄ってくるのです。

そして私がシャルの希望通りに、お気に入りのひらひらリボンのおもちゃを振り回して遊んでやると大喜びします。が、ものの5分でバテて床に寝そべってしまいます。猫という生き物は、瞬発力や柔軟性はすさまじいのですが、持久力がなく、とにかくすぐにバテてしまうのです。

しかしうちのシャルはバテてもまたものの5分で復活し、再び私の背中に飛び付いて遊ぼうアピールをしてきます。毎日がこんな調子で、エンドレスで遊びたいシャルに振り回されています。きっとシャルにとって、私は飼い主ではなく、同じ猫の遊び相手だと思われているのでしょう。

シャルの相手をするのはかなり体力がいりますし、ヘトヘトになる時もありますが、それでもやっぱり、シャルの無邪気でつぶらな瞳に見つめられると、ついついひらひらリボンを振り回し遊んでやりたくなるのです。本当に、シャルは大事な家族です。

わたしが憧れる将来なりたい理想の夫婦

私は将来こういう夫婦になりたいなと思っている理想像があります。

まず一つ目がいつまでもイタズラをしたりふざけ合ったりする関係。若さの秘訣ってやっぱり笑顔だと思うので、何気ないことでふざけて笑ったりできれば毎日楽しいし良いシワを作れるような気がして憧れです。

二つ目がお互いに尊敬する部分がある関係。例えば料理が上手だから尊敬できたり、家族をとても大事にしているから尊敬出来たり、好きなことに熱心で一途だったり、何かしら尊敬できる部分が大事だと思います。長くいるとはやりたまには喧嘩したり、うまくいかなかったりそんな時も尊敬できる部分があるからまた一緒にいれるきっかけになる気がします。

三つ目が許しあえる関係。夫婦って良いことばかりではないからこそお互いの失敗を許しあえる関係でないといけないと思います。多分これが一番大事なんじゃないかと思うほど私の中で重要視されている部分です。なにかひとつの事でもし喧嘩が始まって、「あなただって前はこう言ってた」なんて言葉が出てきている時点で話は前の喧嘩まで遡ることになりますもんね。許すことって結構大事です。もちろんお互いに。

「○○だから好き。」ではなくて、「○○だけど好き。」って言える関係になれたらなと思います。

子供の受験前のテストは、見るのが怖い

うちの娘は中学3年です。来年二月に推薦やら、一般入試が控えてます。今回、推薦の評価に当たる最後の期末テストがありました。私もかなりのプレッシャーを娘に与えているのを気付かず、これで、推薦して貰えるか決まるのだからと口癖の様に呼びかけてました。

娘は、小学生時代から進んで勉強をする子供でしたので、あまり勉強しなさいとは言わなかったのですが、本人も気持ちに疲れが出てたのか、学年が上がる度に少しずつ成績も落ちていました。ですので、今まで特段キツく言って来なかった分今回は最後だと思い、本人にしっかりしなさいとか色々言ってしまいました。

所が、多分それが、プレッシャーになったのか試験になり急に過呼吸が始まり苦しく、文章も頭に入らなかったようで、最後の2教科は全滅に近い状態で、諦め保健室で休んだようです。終わってから、自分で帰宅出来ましたが担任から疲れて体調崩してるので、お母さんも今日は、早く仕事から帰って様子を見てほしいと連絡が来ました。帰ると寝込んでました。私の顔を見るなり泣き出した娘。悔しかったようです。多分最後の2教科は、諦めてしまったので、最悪だと呟いてました。

それを見て私のせいだと感じました。娘をギュッっと抱きしめ、最後まで苦しいのに試験に望んだ姿勢に褒めました。今まで、頑張って来たのだからもう終わった事は、切り替えて推薦がダメになっても、貴方なら何処でも行ける高校はあるのだから、一般入試だけを考えなさいと言いました。娘は、まだ気持ちがスッキリしないようでしたが、人生は、入試だけじゃない、いい高校に入ったからと言って、すべての人生が決まるわけでは無いんだよと話しました。すると、笑顔が戻りました。

結果を見ても気にする必要は、ないし入試に向けて練習問題沢山やりなさいと話したら、やる気になりました。

褒めてあげて伸ばすことが大事ですよね。

娘のテストは、今日返って来ました。私は、もう赤点くらいの気持ちで覚悟してましたが、一番ダメだった教科が、平均点以上取れてた事にびっくりしました。

ほかの教科も、言うことない点数でした。やはり子供は、褒めて伸ばしてあげる事が大切だと思いました。

美味しいものに、ありつけない日

今日の朝ごはんは、りんご。

くだものを食べれただけでも幸せだ、この前まで給料前で、くだものなんて食べれなかった。

昼は、お弁当作り忘れて、会社の自動販売機のカップヌードル1つ。

コンビニでお弁当買おうと思っていたのに、すっかり忘れてしまっていた。

美味しいものが食べたい、

昨日は、一日中、美味しいものにありつけない日だった。

朝は、「蓮根の有名なあの場所に行きたい!蓮根を食べたい、買いたい」という母親を車に乗せ、2時間…

蓮根の有名なあの場所に行き、蓮の花を見て、また今年も見れたね、と二人で喜んだ。

蓮根売り場には、蓮根を買いにツアーバスで来た、沢山のお客さんの行列、やっとの思いで蓮根をゲット、

別に近所のスーパーや八百屋で買えたんじゃないかと、心の中で呟き封印。

名物の蓮根バーガーも、蓮根うどんも、蓮根ラーメンも、長蛇の列。

まぁ、蓮根は買ったわけだし、

近くにあった、うどん&とんかつの店に入る。

母は、とんかつ定食を、わたしは、うどんを注文。

ふぅ~、美味しくないとは、店員さんを前に言えなかったけれど、

うどんは、甘辛いたれ、上には天かすならぬ、パン粉のようなものが乗っていた。

夜は彼氏とデート、いつも優しい彼、きっと美味しいものを食べさせてくれると、うっかり!勘違い!

こーゆー自分の勝手な勘違いで残念に思うのは、いけない事だとは思うけど、

18時の待合せ、「おれ14時に昼ごはん食べたから、お腹すいてない…」

なんのために、わたしは、オシャレしてきたんだよ!!なんのために、メイクしてきたんだよ!!と

心の中で呟きまた封印。

わたしはお腹すいていたので、コンビニで豆乳を買って飲む。

こんな私の姿を見て、可哀想だとか思わないんだろうか?と彼の性格まで悪く感じる。

22時、帰り際にラーメン食べたいと言う彼が、探して探してやっとラーメン屋らしきものを発見。

鼻水ながして風邪引いてる子供を、おんぶしたお母さんと、お父さんがやっているラーメン屋さん。

鶏ラーメンを注文、何の味か分からなかった。

赤いスープ、辛くもなく、醤油なのか?中華スープなのか?塩? なに味かともいえない薄味のラーメンを半分食べてごちそうさま。

彼に「ごちそうさまでした、沢山残しちゃってごめんなさい」というと、「お店間違えたね、あんな奇妙な味、全部食べられないよね」と。

そして、今日だ。

カップヌードルを食べている私、晩御飯は美味しいものが食べたい。